小畑秀敦公式ブログーシャインコンテンツ

マルチクリエイターが描くイラスト映画の話や作詞など

主人公の性格2

f:id:Eribon98:20190123073212j:plain

こんにちは。小畑秀敦です。前回は主に私の
浪費ぐせについてお話しました。

今回は仁志について。

あなたは努力家ですか。

まめなほうですか?

仁志はまめではありません。どちらかというと、
暇な時間はスマホでゲームしているような一人です。

私とは違う性格。
私はゲームはゲームの世界の中でおこって
実生活にはあまり関係しないと思ってるので
あまりやる気がしない。

仁志はゲーム好き、パチンコすき。楽が好き。

私も楽はしたいですけどね。
だけど、ばたばたやってしまう。

誰しも楽してお金たくさんもらいたい。
そんな思いで今回、仁志のキャラクターを
設定した

主人公の性格

f:id:Eribon98:20190121195604j:plain

こんばんは。小畑秀敦です。

今日は仁志の性格について。

という前に小畑秀敦の性格について。
皆さんはお金貯められるほうですか?

ザックザックですか?


私はすっからかんです。
あるとすべて使ってしまう。


借金まではいかないものの、いつもすれすれ
を攻めているのでいつも、気持ちに余裕がない。

それもひとが、びっくりするくらい、
変なことに使ってる

平松愛理ファンサイトもしかり、
今回の動画制作しかり。

そろそろこの性格変えたい。
せめて、100万は貯金したい。

だから、イラスト映画も2つめ終わったらちょっと
休止してお金ためる。

真剣に趣味をしているわりには、わりにあわない。
所詮ボランティア。

ボランティアにん百万、人生費やしたかも。

お金を貯めることだけにしぼっていたら、
ザックザックだ。

苦労している割には金がない。

さて、私はこのへんにしといて

今回の仁志は、楽してお金貯めたいと思ってる

だからパチンコもする。浪費家。
できるだけ遊びたい。
そんな主人公です。

皆さんは浪費家ですか?
続く

リンコス2

f:id:Eribon98:20190119120923j:plain

やっぱりほとんど最上階だった。
そして驚いた。確かにホテルのように綺麗だし

扇方の間取りはゴージャス

だか、この広さで120万?ちょっと別の意味で
驚いてしまった。

そこで少し休んだあと、近所のスーパーに
付き合ってと言われたので行きました、一緒に。

それがリンコス、このスーパー

スーパーにしては高級なのか、すべてが高い

キャベツとか500円とかする。アールスメロンは
7000円とあった。

美味しいんだろうが、別世界のスーパー

神戸牛とか普通にパック入りしてあって目の
とびそうな値段だった。

すごく記憶に残った

スーパーリッチの狙いはそこではなかった。
私に家庭教師として雇うといってきたのだ。

月5万渡すから、教えてほしいと。
いやいやいやいや。英会話学校いってるから
十分でしょ?といったら

敷居高くて、英語理解できないから、やさしく
丁寧に教えてほしいと。

お金はいいので、時間があるときに。といった。

そしてその日は料理をご馳走になり、少し英語を
教えてかえりました。

その次の日、仕事している時間帯に何度も電話がありました。
今、外人きてて、対応してほしいと。

は?

こちら今、職場で仕事中なんですが。

今すぐこちらに来てくれないかねえ。

これはまずいと思い、今仕事中なので折り返しますと切る。

そして、お昼の休憩中に、かけました。

な、なんと

忙しいから切りますので。冷たくいわれました。


は?

なんだこれ。金で人を自由に操ろうったってそうはいきませんよ


まあ、スーパーリッチとはそこでさよならとなりましたが、

私、趣味でもの書きをしているものですから、3年前、急にそのことを思い出し
懐かしくなって

佃のリンコスにいってきました。
20年前と変わらない感じだったのが感動的だったので

話の舞台はここにしようと決めました

リンコス

f:id:Eribon98:20190117070027j:plain

皆さま、おはようございます❗小畑秀敦です。
今日は、こんなお話をします。

およそ20年前、私は英会話学校にかよっていました。
そこには自習室があって、学校が開いている時間は
ずっと利用できる学校でした。

私は当時、お気楽なものだから、授業がない日でも
主みたいにそこにいました。

で、創作英作文を作っていました。

ある日、自習室であるおばあちゃんに声かけられ
ました。


その方をスーパーリッチと呼ぶことにする。

何故、スーパーリッチか。
その方の連れ合いがマンション3つ借りてて、
ひとつ、月120万もかかるマンション借りてると
いう。

なぜ、英語勉強しているか、ボケ防止というでは
ないか

普段、接することのないレベルの方とお話

何度かお話しているうちに意気投合。

うちに遊びにきてとなる。

その方は佃に住んでいた。
私は一度はスーパーリッチのお家みたいな
ということでのこのこついていった

続く

新しいプロジェクト開始

f:id:Eribon98:20190115121603j:plain

皆さま、お疲れ様です。小畑です。
いかがお過ごしでしょうか。

さて、音光楽次も公開が二週間を過ぎました。
そろそろ、新しいプロジェクトに向かって走ろう
と思います


第2弾は仁志です。

詳細はおいおい。
今日からキックオフです。

またまた、宜しくお願い致します

もう1日は平松さんの話題で。

f:id:Eribon98:20190111070537j:plain

皆さん、おはようございます。小畑秀敦です。

神戸MEETINGはいかがでしたか?
今回は私は参加はしていないのでこういうお話をします。

まあ、通年、神戸MEETINGに参加して、ファン仲間と’新年会’
やるわけなんですが、まあ最近は時間の制約も多く。

ライブ、飲み会。直行直帰が結構多かったのですが。

まあ、この頃、平松さんの神戸MEETINGは直前の週の土曜日に開催しているので
泊まって、次の日は神戸観光を楽しむ人もいることでしょう。

サイトにも書いておりますが、神戸には、震災のことも感じつつ、平松さんの
ことも感じつつ、神戸を楽しもう。と。

昨日、神戸MEETINGありましたが、今日、まだ神戸にいる方
こういう観光の仕方もありますよ。ということで紹介します。

今回、紹介するのは、三宮からそんなに遠くあいところで震災を感じ取れる
そんな箇所を2つご紹介します。

1カ所目は、ビッセル神戸スタジアム。サッカーの場所?とお思いのあなた。

 

実は、この入り口付近には

 

平松愛理さんの足形の入ったサイン入りの床タイルがあるんです。

そこには、継続は力なりと書いています。

 

この継続というのは、やっぱり神戸MEETINGのことをさしていると思います。

なんかそれを見て、感じるところが私にはあります。

 

入り口付近には平松さんの足形だけでなくて、いろんな著名人の足形の床タイル
があります。なんかそれを見てみるのもおつですね。

 

二カ所目、やっぱり見ておきたい。長田駅のホームの震災復興イラスト。
一般の方もありますが、そこには、平松さんのもあります。

私がはじめてそれを見たのは2002年ですが、今もあると思います。

当時、平松さんが、初一音さんを出産した1996年に書かれたとされる、
平松さんのこうのとりのイラスト。これもぐっとくるものがありますね。

 

当時、初一音さんについては、震災で亡くなった方の魂が、私に降りてきた
そのようなことを平松さんいっておりました。

そういうことを感じながら、このコウノトリのイラストみると、

なかなか、感慨深いものがあります。

まあ、この2つを見るだけでも、2~3時間はかかるので、観光がてら
どうでしょうか。

それでは

明日は神戸ミーティング

f:id:Eribon98:20190111070537j:plain

皆さま、おはようございます。小畑秀敦です。
ここは、平松愛理さんのファンの方々も
読んでくださっているのでお話します。

皆さま、平松愛理さんといえば、部屋とYシャツと私
、並びに神戸ミーティングじやないでしょうか

最近はネスレの人にもなりつつもありますが。
それはおいておいて。

神戸ミーティングは平松愛理さんにとって大事な
行事。皆さまにとってもです。

皆さんは神戸ミーティングに何回参加しましたか?
まあ回数ではありませんが、聞いています。

私ははじめていったのが、2000年のチキンジョージ
のときでした。途中3回ぐらい欠席したので、
通算15回ぐらいですかね。

毎年、この時期になると胸騒ぎがします


今年もこの時期がきました。と。

最近、自然災害が多いです。
東日本大震災以前は、風化、風化と
問題になりましたが。

もう自然災害はどこにでも起こるという認識に
変わっていった気がします。

阪神淡路大震災自体は確かにかなり風化して
しまった感は私的には否めませんが。

続けることに意義がある。そういう平松愛理さん
の姿勢には頭がさがります

とはいえ、今回、私は神戸ミーティングは
参加できません。
なのでいかれた方は十分に平松愛理さんの

思いを受け取ってください。

サイトのほうでも、ここでもコメントお待ちして
おります

たまには平松愛理ファンサイトの話でも

f:id:Eribon98:20190109174940j:plain

おはようございます。小畑です。
今日は平松愛理MIDIの話します。

昨日、平松愛理MIDI、ボカロ、サイトアップしました。通算226曲目

数だけはたくさんある。質はたいしたことはないが。

昔は200超えしているアーティストファンサイト
は結構あった。

今は、私だけかな。。。
サイトとしてやっているの。

オンリー1サイトだ。

何故か。
JASRACにお金払わなければならないから。
サイトだと。

YouTube なら無料だ。
YouTubeなら無料なのにサイトだとお金とられる。

変な制度である。
金払ってサイトで公開する意味がなくなっている。

もっと言おう。
サイトからYouTube にリンクされたものも
無料である。

あくまで、サイト内のコンテンツとして
公開されているのが対象だ。

いまや、音楽系のコンテンツは、YouTube だ。
皆サイトなんか見ない

そう、サイトにアップすることはデメリットは
あってもメリットはひとつもないのだ。

では何故、サイトとしてアップしてるか。
今までこれでやってきたからですかね

それと、数パーセントは平松愛理さんの
収入になるならばというところですかね

一応、応援サイトだから。ですね。

ということで、今日はサイトの話でした。

できるだけシンプルに

f:id:Eribon98:20190108180718j:plain

おはようございます。小畑秀敦です。
今日は編集や効果音についてです。

今回の作品はサンプルです。あくまでサンプルです。
これはどういうことかというと。

凝った編集や凝った効果音をやることもできた。
しかし今回は敢えてやらなかった

なぜか。

答えは簡単である。これが、サンプル。
基礎になるからである。

最初から凝ったことをしてしまうと、
仕事になったときに対応しきれなくなるからだ。

まずはこのレベルからはじめたかった。

もう1つ理由がある。

前にも触れたが、ギリギリの挑戦だった。
ソフトもギリギリだったし、凝ったことやると
挑戦が失敗する

凝ったことは二本目でやりたい。

まずは84分仕上げる、これを目標にした。

特別オーダー

f:id:Eribon98:20190108070408j:plain

おはようございます。小畑秀敦です。
寒いですね。当然か。


さて、今日は特別オーダーについて
お話します。

全部、視聴した方から、こんな感想をいただきました

途中から話しのつじつまがあわなくなっていき、
頭がおかしくなりそうな感覚でした。
でも全体的にあたたかい感じがしました。

そうなんです。この物語の性質上、
つじつまがあわないのは、狙いです。

テレビ東京の監督にもこの部分は指摘されました。
俺は君の狙いはわかるが、わかりずらいだろう。


だから、わかりにくいのは覚悟していました。
しかし、それを効果的にわかりやすくする
テクニックは持ち合わせていませんでした。

まだまだ、脚本は修行が必要です


とはいえ狙いなので説明しておきます。
上のイラストをみてください。

これは特別オーダーです。
ちょっと喜んでいるような表情で、親指立てて
ください。

そのようにイラストレーターの方にお願いしました

実際の映画の中のセリフは、仕事のリーダーが
楽次の異変に、大丈夫か?お前?みたいな
セリフになっています。

つまり、イラストとセリフがあわない。

あわないんです。

しかし、それであっているのです。


どういうことかというと、おかしな部分は
楽次の主観です。

楽次にはこういう風に見えているということです。

実際は仕事のリーダーは親指立てているはず
がありません。

そういう場面がちょこちょこ出てきます。

バス停留所の声も特別オーダーです。
大きな声で威圧的にばかにしたような口調で
お願いしますとオーダーしました

しかしながら、会話しているのが、
楽次でないときは正常です。

ここが私の勉強しなくてはならないところ。
見てくださっている方が何が正しいか
わからなくなってるかもしれない。

まあ、この作品はそういうところも含め
楽しんでください

テレビ東京と繋がっていた頃

f:id:Eribon98:20190107060722j:plain

私の人生は挫折を乗り換えることでなりたっている

2017年の秋にひとつのチャンスが訪れる。
テレビ東京の監督と繋がったのだ。

監督がこの音光楽次に目をつけてくれたのだ。

監督は題材が類をみないということで
評価してくれた

まあ、脚本自体は、まだ未熟で、とくに冒頭部分
なんとかしてください。よくなったら、
私は、この作品、プロデューサーに話し通す

そういうではないか。
しかし、私の脚本の腕が急にあがるわけではない。

だから、あるライター講座で知り合ったライター
の先生を巻き込んで脚本を直すことになった

脚本の内容はかなり変わった
しかしそれでもよかった。世にだせるなら。

いざ、三人で話し合い。
監督はいった。
平松愛理とタイアップとれるならぜひ
お願いしたいと。

監督はそういった

監督はその間、プロデューサーレベルと
交渉しにいってる間に

私は平松愛理事務所にいって許諾をとり

そしてライターの先生はさらに脚本を直す
流れになった。


しかし。、。

そんな夢はなかなか実現しない

平松愛理事務所は私と会うことを拒み

タイアップつかないから、監督がトライしてた
プロデューサーを説得することができず。

いつのまにか、立ち消えに。

ああ、また挫折を味わった

しかし、諦める訳にはいかなかった。
そして、シャインコンテンツの構想ができあがった

自分が味わった雪辱、他の脚本家の卵も
味わっているに違いないと

ならば、その道作ろうと。

シャインコンテンツはそうやって生まれた

私の挑戦は続く

平松愛理、旅について

f:id:Eribon98:20190106161028j:plain

平松愛理、旅について。


小畑秀敦は、何故、平松愛理さんの旅に
こだわっているのだろう

最大の謎かもしれない。皆さんにとって。

2009年という年は、私にとって忘れられない年
となった。実際、音楽会社は辞めている。

そして、その年の平松愛理のライブイベントで
初披露となった、2009年。
大きな挫折を味わった経験。旅という曲で
這い上がった自分がいた。

家族と親には感謝している

YouTube を見ていただけたらわかるが、
本当に500万ビューを達成した

この曲に恩返しがしたかった。
広告費、正確な数値はわからないが、
トータル20万円はかかっていると思う

平松愛理さん、マネージャーは困惑しただけだろう

平松愛理さんはそれだったら、ネスレタイアップ曲の
LaLa smile 500万にしてよ、ということだろう。

悪いけどそれはやらない。少しやったけど。

私はプロモータではない。
ただのファンだ。

しかしながら我ながらよく、500万までやったものだ
偉ぶるつもりはない。

それだけ、私にとってこの曲は重要だっただけだ。

本当はこの映画で、本物の旅を流すこともできた。
しかし、事務所的にはNGだろう、一度、この
映画が劇場本物の映画になりかけたとき、
マネージャーは渋っていただけだったから。

だから、思い入れをわかってくれる、声優さんに
歌い入れをカバーという形で表すことにした。

カバーであれば、利益もでないし、ボカロと
同じレベルだから大丈夫という形で。

平松愛理陣営が、何故、拒否したか私には
わからないが、ファンではいつづける。

私を救ったアーティストだから

最後にでてくる習字の画像

f:id:Eribon98:20190106102911j:plain

皆さんこんにちは。本日、2つめの投稿です。

さて、今回、お話させていただくのは
映画の最後にでてくる、謎?の習字についてです

その前に話しとかないといけないことがあります。
この話しは半分本当で、半分フィクションです。

本当の部分は、私は音楽会社の営業をやっていた
こと。

この映画の時代設定は2017年。
しかし、私が音楽営業の会社をしていたのは
2009年です。

まだその頃は、動画販売をする時代まできていなく
私が営業していたのはデータコンテンツ販売でした。

主にインディーズアーティストの楽曲、mp3
のデータダウンロード販売でした。

営業は音楽が中心でしたが、例外もありました。
私はホームページ管理人繋がりで

2000年当時から、書道の先生と繋がりがありました

書道のコンテンツ販売もしていました。

なので、映画の最後に出てくるねは、
当時の書道データコンテンツの商品です。

昨年12月に許可とって、動画にいれました。

あのフレーズは私が考えたものです。
フレーズを先生に渡して、それを書いてもらいました


書道の先生とのコラボレーション


約10年の時を得て、また御披露目となりました

先生は本当に素晴らしい方で、発注して、翌日
納品してきました。
しかもそれは商品にするものなので

作品自体はボランティア。

敬意を表すべく、また私の史実の証拠として。

載せさせていただきました。

私にとって宝物です。

当時、これどうやって商品にしたかというと
メッセージハガキ用です。

今ではハガキを出すという行為は、年賀状を
除いてはレアな時代になりましたが。

今は亡き女性の戦友が買ってくれて、それを
その方の親友に送ったりしてくれて。

その親友とって、彼女の形見でもある作品。

結構、深いんです。あの書道の意味。
どうしても、音光楽次にいれたかった

声優業界にとっては朗報

f:id:Eribon98:20190106062002j:plain

おはようございます。小畑秀敦です。
本日は声優について語ります。

実は声優業界にとっては、私の挑戦は朗報だったようで。

イラストのときと同じく、セリフを読む仕事は
クラウドワークスを使って募集しました。

実はセリフも気がかりでした。今回の音光楽次は
登場人物が12人以上で結構多い。

どんな風に集めようか、いや、そもそも集まるのか

そんな心配もあってか、募集要項には2役以上
できる方歓迎と書きました。

びっくりした。日曜日の朝、募集をかけたら
昼には三人が応募してくれて、無事に
締め切ることができた

結構、無茶ぶりなオーダーをした。
1人目の方は母と娘、二人の役をお願いしたし。
2人目の方には、母と娘以外の女性役を全部。
3人目の方には、なんと女性なのに、男性の
主人公の役。

無理かなと思ったら

いやいや、皆さん素晴らしい!

特に2人目の方は、契約を結んだ翌日には
依頼分すべて納品。
それに感動して、しびれてしまいました。

しかし、まだ不安があった。
応募された方がすべて女性なのだ。

今回の作品は男性の声もたくさんあり。
また、ドスの効いた男性声も必要だった為、

男性の声優さんも必要だった。
そこで、即、納品された女性の声優さんに
聞いてみた。

知り合いの男性の声優さんはいるかと。

クラウドワークスではないけどいるよ。とのこと。

藁にもすがる思いでお願いしてみた。

すると。。。


そんなに高い予算でなくとも、快く引き受けて
くれた。

いや、この四人の声優さんが早々と決まったので
なんとしてもこのプロジェクトを完成させたい
と思うようになった。

そして、皆さん声がいい。

今、声優さんはあまり活躍の場がない。
いや、サザエさんクラスの声優ならば
すごい役をずっとやれるが。
あまり実績のない、声優さんはそんなビッグ
チャンスはあまりない

イラストは決まるまでに約1週間かかったのが
声優は、約1日で4人集まった

これ、もし、シャインコンテンツが
軌道にのったら、声優業界が変わるんじゃないか?

なんかワクワクしてきた

イラスト業界も驚いたようで・・・

f:id:Eribon98:20190105160651j:plain

こんにちは。本日2つ目の投稿です。

私はイラストを描けるわけではありません。文字ベースの脚本です。
それを動画化するにはどうしても必要なことがありました。

そうです。イラストです。

映像がないと、動画として冴えないものになってしまう。今回はイラスト
に目を向けた記事です。

イラストの友人がいたわけではありません。今回はクラウドワークスを使いました。

イラストを描ける方を探していたのですが、イラストを描ける方はいるには
いるのですが・・・

私のやろうとしていることを理解してくれる方は少なかったです。

そう・・・

 

どんな風に絵が使われるかわからないので、お断りします。と。
ちょっときつめのお言葉をいただいたこともありました。

最初、イラスト150枚から200枚で10万の予算でお願いしようと思っていましたが

そうは問屋がおろさなかったようです。

 

いや、少しわかっていた。イラストで生計を立てている方がいて、その方に
聞いてみたところ、相場は1枚3000円から2万円ぐらいだよ。と。

レベル感にもよるが、場合によっては1枚1000円でも引き受ける方はいるだろう。
しかし、それより安いのはダメだと。

 

ダメ元での挑戦。幸いにも協力したいと言ってくださった方がいた。
itomakiさんという方。

ただ、やはり、1枚1000円が最低ラインと言われ、それを割るようであれば、
辞退するとのこと。

では考え方を変えよう。イラストの使い回しをしよう。と。
そして、できるだけ細かい背景はなしにして、意味合いがわかるイラストでいいと。
そのように考えた。

そして、ワードに必要なイラストの種類を書いていった。

例えば、このイラスト。

 

教室の入り口に’閉店しました’の張り紙が貼ってあるイラスト
(ドアがあって、閉店しているのがわかればいい。細かな描写はいらない。)

このように必要なイラストの指示書を書いていった。

そして、数えてみると90枚で収まった。90枚で、この予算でどうだ・・
とお願いしてみた。そのかわり納期は4ヶ月間でいい。と。

 

協力したいというお気持ちから、今回は快く引き受けてくれた。
ありがたい話である。

私はイラストは描けない。だからわからないこともある。

4ヶ月でちゃんと仕事を完遂してくれた。ものすごく嬉しかった。
クラウドワークスもリスクはある。

いい方にあたれば、ちゃんと納品されるが、最後まで納品せず、途中まで
もらった金額でとんずらなんてこともありえる。

 

そして公開。

お会いしている方が見てくれた。言われた。

84分は長い。そして繰り返しのイラストも見ていてどうかな?と。

んー。

 

最善は尽くしたつもりだ。だけど、こういう見方される覚悟もできていた。

確かにYOUTUBE見て見ると、分析結果がみれるようになっていて。
最初の3分以内で90%が視聴者離れていっている。

 

皆さんは、動画に慣れすぎているのだ。完璧な動画に。
テレビやどこかでやっている違法の行為の動画に、慣れているのだ。

だからスライド式のイラスト静止画では物足りないのだろう。

しかし、私は諦めない。
きちんと権利を持っている方が、きちんとオリジナル配信できる世界を
作るのだ。

 

映画尺でも配信できる世界を作るのだ。そして脚本家を目指している人に
希望を与えたいのだ。

小畑秀敦の挑戦は続く